被災地、避難所の治安と犯罪:窃盗、盗難と治安維持活動

被災地や避難所での犯罪についてです。

震災直後からの報道の様子としては、震災直後はガソリン、生活必需品、
金品(貴金属等)、ATMの破壊、信用金庫への侵入等が報道されてました。

家が瓦礫と化したり、半壊状態の家でも、玄関が津波で破壊されていて、
しかも避難所生活なので、ずっと見張っていることもできない状況だったようです。
そのため、避難所では常に自宅に泥棒が入ってないか心配だとインタビューで
答えてました。

特にガソリンの盗難が多かったことは記憶に新しいところです。
犯罪に関する記事に関していくつかリンクを張っておきます。

ガソリンや食料の窃盗記事
(朝日新聞:3/17より)

ガソリンの抜き取りと被災住宅への侵入
(読売新聞:3/17より)

被災地のコンビニATMから現金強奪
(スポニチ:3/16より)

※ 犯罪を擁護するわけじゃありませんが、店舗の経営者の人も、被災者の人が
  着替えの衣類や自動販売機壊して、水を盗んでいるところを目の当たりにすると、
  犯罪には変わりないが複雑な思いだとコメントしてました。

  ガソリンの盗難に関しても、当時は現地にガソリンがなく、避難所生活では
  命がもたない事情があった人が(入院患者が親類にいたり)、被災地から
  脱出するためという事情も当然ながら考えられます。(実際病院も被災しています。)

※ 悪質な犯罪ではボランティアと称して、瓦礫と化した被災地の家や
  車から色々と盗んでいたようです。
産経ニュース:3/23より

ただ、大規模な略奪や暴行が起こったことは報道されていません。
実際避難所の人もインタビューで盗難の被害や不安はあっても、
集団での大規模犯罪には触れていませんでした。

このあたりの理由は、日本人の民度と一部ではいわれてますが
実際には、地元警察や外部の応援、被災者が結成した自警団、
後は自衛隊が被災地、避難所へ来たおかげだと思っています。

上記の被害に基づく自警団の結成、警察、自衛隊の活動状況に
関してもいくつか記事を紹介しておきます。

瓦礫とかした停電状況で、深夜暗闇の中見回るのは想像を絶する恐怖だと
想像できます。実際には護身と犯罪抑止のため鉄パイプを携帯していた
自警団もあるようです。
週刊ポスト:4/15より

被害が大きい沿岸部地域で自警団が相次ぎ結成されて、活躍してる様子が
報道されています。
河北新報:5/4より

警視庁の被災地への人員や車両の派遣状況に関してはこちらに記載されています。
震災2ヶ月たった現在、1日千人ほどが現地で活動、震災後からの総数は4万6千人ほどです。
警察庁の活動記録はこちら

警察当局は地元の方々の自警団結成を支援、パトロールの際に使っている
懐中電灯や腕章、ベストといった防犯グッズをリーダーの方々の配布しているようです。
時事通信社:4/4より

避難所へも警察官が見回りにきているようです。福島県の福島市の避難所で
女性警察官が悩みを聞いてまわってる様子が報道されていました。
時事通信社:3/22より

他には避難所でのトラブル回避には、全国の警察署から女性警察官が集まり、
避難所巡回班を結成して、避難者に付き添って色々お話を聞いているようです。
5/4:河北新報より

自衛隊の被災地への派遣規模や時期に関しては防衛省から以下のように報告されています。
人員106250人、航空機490機、艦船52隻が活動中。3月14日に編成。
陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の活動状況はこちら

ただ震災から2ヶ月ほど経つ5/11を目処に、防衛省によると、緊急性のある活動内容に
関してはニーズが減ったきたため、全体の人数を6万人強へ縮小するようです。
(5/9:読売新聞より)

具体的な犯罪数の前年比に関して、宮城県警によると、3月11日~4月10日の間
窃盗の件数は前年比25%増(震災後10日以内に集中)で、凶悪犯罪は半減し、
犯罪の総数もむしろ減ってるそうです。

時事通信社:4/25より

最後に、震災から2ヶ月ほど経って、設備が破壊された場所を除いては停電状況も
改善されてきているので、街路や住宅でも明かりが灯りはじめ、上記の方々の
活躍のおかげで徐々に落ち着きを取り戻し始めているようです。

サイトトップへ

東日本大震災のまとめへ

This entry was posted in 震災関連の出来事. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>