農業(農地、農作物、農業施設)の被害:瓦礫、塩害等の影響

今回の震災で多くの農作地が津波をかぶり土砂、瓦礫で埋まりました。

瓦礫や泥のせいで、農業に支障がでるのは当然なのですが、じゃあ
それらが取り除かれれば、すぐにでも作付けを開始できるかというと
そうでもありません。

海水は場所によりますが、塩分濃度が約3%~4%ほどあり、一方で
農作地の塩分濃度は0.1%未満(高くても0.3%)が生育に影響しないと
言われいます。そのため土壌の塩分濃度が0.3%を超えると塩害が起こってきます。

各作物毎(きゅうり、トマト、たまねぎ、レタス・・・etc)の塩害を受ける限界濃度は、
石巻農業改良普及センターによる技術対策の資料に掲載されてました。
詳細はこちら

塩害の具体的な影響に関しては、農林水産省発表の資料で以下のように記載されてます。


・ 土壌中に塩分が過剰に存在すると、土壌溶液の浸透圧が増加して、植物の根の吸水機能
の低下や植物体外への水分流出が起こり、水分不足(生育障害)となって植物が枯死。

・ 海水が土壌中に浸入すると、土壌の単粒化や緊硬度を高め、土壌の透水性が著しく低下。
排水不良による作物の根腐れが発生。

※ 農林水産省:農地の塩害と除塩 農村振興局より

同時に除塩対策として基本的に土壌を粗く耕うんした後、
湛水(入水)→ 代掻き→ 落水(排水)を塩分濃度が0.1%未満に
なるまで数回ほど行うことが推奨されてます。

※ 代掻き:田植の前に水田に水を入れて土塊を砕く作業。

しかし、塩害対策だけで全てが解決するわけでもありません。農作地の状況に
よって(油があるのか、土砂があるのか、海水に浸っただけなのか)対策が
全然違ってきます。
詳細は農林水産省のHP:3/31より

さらには、農作地に直接、海水による被害がなかったとしても、
農業用用排水の処理施設や水路が津波の被害を被ってる場所もあります。
排水施設の被害写真はこちら(宮城県より)

施設の損壊のため、農薬やら除草剤等が使われる農業排水を無処理で
下流域に流すと2次被害を引き起こす危険がでてくるため
、作付けを
断念せざるをえない地域もあります。
詳細は:農協共済新聞(2011年5月1週号より)

そういった2次被害を防ぐためにも宮城県では水稲作付けの可否の判断に
ついては以下の基準を設けています。

・用水・排水施設に障害がなく,真水が確保できるとともに, 排水が下流域の被災区域
に影響しないこと。
・原則, 海水のみが流入している水田であること。
・土壌中の塩分濃度を0. 1%未満( 土壌E C で0 .3 mS/cm以下) まで除塩作業ができ
 る場合( 除塩する場合は, 入水→ 耕耘→ 落水を2 ~ 5回程度繰り返し, 植付け前に塩
 分濃度を確認する)。

詳細は宮城県の農作物の技術情報(第1報より)


ただ、塩害対策には用水施設、排水施設の機能回復が必要不可欠のため、
宮城県では塩害対策のため2,3年はかかると見ているようです。

詳細は河北新報社:5/13より

今回の災害の被害規模については、農林水産省は3月31日、
千葉、茨城、青森、福島、宮城、岩手の6県に関して、合計耕地面積
90万ヘクタールの2.6%、2万3600ヘクタールが流失、
冠水等の被害を受けたと発表しています。
詳細は農林水産省の発表:3/31より
※ 1ヘクタール:100m×100m(1万㎡,3025坪)

これら除塩事業や農地農業用施設の災害復旧事業の費用に関しては、
市町村にかわって県・国が実施するための費用689億円が、第1次補正予算に
組み込まれて5月2日に成立してます。
詳細は農業協同組合新聞:5/6より

ちなみに、被害が甚大な農家の人は、農業用施設の復旧が完全に終わるまで
待ってるだけかというと、そんなことはありません。

避難所生活を送る被災者の中には、避難先の地元NPOが仲介して
避難先の農家の人から支援を受けて、新たな土地で農業を開始したり、
繁忙期を手伝うことで、自立に向けて動いてる方々もいます。
詳細は読売新聞:5/7より

他に被災した農家の就業支援の例として、熊本県では被災地の農家を
熊本県内の農業法人への就職支援のために

1:事業主に最長11ヶ月、月15万円、事業主にかかる社会保険の負担を助成。
2:被災農家のための就業支援窓口の設置。
3:被災者の移動経費の助成、公営住宅等の住宅の無償提供

といったことを行っています。
詳細は熊本県のHP:4/20より

地元の農地や農業施設ができるだけ早く復旧して、また農家の方々が
安心して生活できるような基盤ができあがることを願ってやみません。

東日本大震災のまとめへ

サイトトップへ

This entry was posted in 震災関連の出来事. Bookmark the permalink.

2 Responses to 農業(農地、農作物、農業施設)の被害:瓦礫、塩害等の影響

  1. 匿名 says:

    塩害は怖いんだなと思いました

  2. 匿名 says:

    NHK Eテレの放送番組で震災による農地の塩害について知りました。
    まったくの素人の考えでお恥ずかしいですが、塩を除去するのではなく、
    塩を作ることには転換出来ないものでしょうか?
    もし可能なら、塩を作ることで農地も改良できるのでは・・・
    などと、知識も無い意見で申し訳ありません。
    どうか良い方向に向われますように、お祈りいたしております。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>