災害公営住宅(復興住宅)の詳細と進捗状況



鉄道 高速道路
仮設,災害公営住宅 仮設商店街
その他
一般道優先・・・・高速を使わない
有料道路を避ける・・・・高速+有料道路を使わない
※ マップ右クリックでメニューがでます。
※ マップ左の人型アイコンを青く表示される道路にドラッグ&
  ドロップすれば現地のパノラマ画像が見れます。
※ マップ右上の航空写真を選択すると地図と写真が切り替わります。
※ マップが出ない場合,ブラウザ設定でJavascriptが有効か確認をお願いします。


 
 
最終更新日:2012/11/13
※ 災害公営住宅のマップ情報を更新。
  岩手県、宮城県公表データと同じです。

 
 
災害公営住宅とは

  住宅タイプ

  入居資格、期限

  家賃の目安

  災害公営住宅の払い下げ

  政令月収とは(収入月額の算出方法)

建設遅れの要因

建設促進への取組み

進捗状況

孤独死防止の鍵:地域コミュニティーの維持

 
 
 
 
 
災害公営住宅とは

 災害で住宅を失った被災者向けに国の補助を受けて県や市町村が整備する住宅です。
 家賃は住居タイプや地価、収入にも応じて決定します。経済負担が少なく仮設住宅
 退去後、住宅の自力再建が困難な被災者向けに建設が進んでいます。

 
 

 災害公営住宅の完成は、住宅を自力再建する余力がない被災者が、仮設住宅での
 不便な避難生活を終える節目です。
一刻も早い完成が望まれていますが、
 資材不足、人手不足、用地不足(宅地造成の必要有)、用地取得等の理由で難航。
 全ての完成予定は2015年度となっています。

 ※ 福島復興再生特別措置法で原発事故に伴う避難者も入居対象に認められる
   ようになりました。

 土地や建築にかかる費用の8分の7は国が負担し残りは自治体が家賃収入で賄います。

 
 
 住宅タイプ

  住宅タイプは共同住宅、長屋、戸建がありますが、自治体が住民希望を反映して
  整備。高齢者向けのバリアフリー、共同住宅への災害時の停電対策用に太陽光
  パネル設置等による蓄電システムも自治体の方針に委ねられています。

 
  主に市街地には共同住宅が建設されますが、コミュニティーが強い漁村集落や
  離島向けに戸建てを容認する自治体もあります。一方で一部の住民のために
  戸建を建設するのは不公平感を生むと、共同住宅建設の姿勢を崩さない自治体も
  あります。

 
 
 入居資格、期限

  通常公営住宅の入居条件として政令月収額が15万8千円以下であることが
  要件です。しかし、災害公営住宅では災害発生から一定期間、収入に関する
  条件はありません。

  通常、入居者の収入条件の撤廃は災害発生から3年間ですが、東日本大震災では
  特例措置で10年間に延長されています。

  
  高所得者は一定期間後、退去義務

   政令月収が15万8千円を超える世帯の方は、入居後3年経過すると、
   家賃が上がり明け渡しの努力義務が生じます。

   政令月収が31万3千円を超える世帯の方は、入居後5年経過すると、
   退去していただくことになります。

 
 
 家賃の目安

  家賃は住宅タイプ、入居者の収入、地価に応じて決まり、災害公営住宅は通常の
  公営住宅よりも安くなっています。東日本大震災では政令月収が8万円未満の
  低所得者向けに、さらに家賃が減額される東日本大震災特別家賃低減事業が実施
  されてています。

 
  ※ 東日本大震災特別家賃低減事業

  ・低所得の被災者が、円滑に恒久住宅に移行し、速やかに生活再建ができるよう、
   災害公営住宅の家賃を、10年間、入居者が無理なく負担しうる水準まで低減
   するものです。
  ・対象となる世帯は、政令月収が8万円以下の世帯となります。
  ・期間は10年間ですが、6年目以降は段階的に家賃が引き上げとなり、11年目
   以降は本来の家賃となります。

 
 
  家賃の実例 

  以下に実際の家賃の例として災害公営住宅の家賃が記された自治体HPへの
  リンクを貼っておきました。

  気仙沼市の災害公営住宅の家賃
  仙台市の災害公営住宅の家賃
  石巻市の災害公営住宅の家賃

  大船渡市の災害公営住宅の家賃
  釜石市の災害公営住宅の家賃

 
  政令月収が10万円未満では家賃はほぼ2万円以下、月収が0になる場合はほぼ
  1万円未満。所得に応じて約6000円~7万円程となっています。

 
 
 災害公営住宅の払い下げ

 災害公営住宅の建設後、一定期間(木造の場合は5年以上)経過後に、他に
 入居希望者がいない場合は、市町村(道県営の場合は道県)の判断で、時価で
 お住まいの災害公営住宅の払い下げを受けることができます。
 引用:国土交通省

 
 
 政令月収とは(収入月額の算出方法)

  災害公営住宅の家賃を計算する際に必要となる、政令月収の算出方法についてです。

 
  世帯全員の年間所得の合計 - 控除額の合計)÷12か月 = 収入月額(政令月収)

 
  控除の詳細は以下の通りです。 

  ・親族控除:一人につき38万円
   申込者以外で同居する親族及び所得税法上に基づいた遠隔地扶養親族
  
  ・特定扶養親族控除:一人につき25万円
   配偶者除く16歳以上23歳未満の方で所得税法上扶養親族になっている方
 
  ・障害者控除:一人につき27万円
   3~6級の身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳2・3級、療育手帳
   B級をお持ちの方
 
  ・特別障害者控除:一人につき40万円
   1.2級の身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳1級、療育手帳A 級を
   お持ちの方
 
  ・寡婦(夫)控除:27万円以内で本人の所得の範囲内
   所得税法上寡婦または寡夫控除の適用を受けている方
 
  ・老人扶養控除、老人配偶者控除:一人につき10万円
   70歳以上で、所得税法上老人扶養親族または老人控除対象配偶者の方
   

  引用:石巻市の災害公営住宅、家賃の目安

 
 
建設遅れの要因

 阪神大震災では発生から2ヶ月後に着工された災害公営住宅。東日本大震災では
 震災から1年半経っても、着工率がほぼ必要戸数の1%程度という状況。

 仮設住宅退去後、終の住処と考える人も多い災害公営住宅の建設が遅れている
 背景の紹介です。

 
 用地不足
  (災害公営住宅の)建設の遅れの要因について、多くの自治体は「適地がない」と口を
  そろえる。沿岸の高台や内陸の平地は既に仮設住宅が立ち並ぶ。「新たに高台を造成
  せざるを得ず、どうしても時間がかかる」
  引用:河北新報(2012/9/9)

 
  「最大の壁は今ある仮設住宅だ」と(石巻市)笹野健副市長は説明する。災害公営
  住宅の建設候補地となる市内の空き地には仮設住宅がずらりと並ぶ。その数は
  7千戸。急場をしのぐ仮設住宅が、将来の住まい探しを阻むジレンマが起きている。
  引用:日本経済新聞(2012/9/12)

 
 定まらない土地利用計画
  事業の遅れは、自治体の土地利用計画が定まらないことも関係している。岩手県の
  担当者は「例えば建設用地について『駅から近い場所に』という要望があるが、
  どこに駅ができるか分からない状況では応じようがない」と頭を抱える。
  引用:日本経済新聞(2012/6/15)

 
 人手不足、資材不足
  人手不足や事務手続きの煩雑さも自治体を悩ませる。復興交付金の申請手続きや
  用地の調査・測量に追われる石巻市は「技術職員が足りない」、相馬市は
 「土地の抵当権や相続関係の整理に人と時間が必要」と説明する。
  引用:河北新報(2012/9/9)

 
  用地の確保には複数の地権者との交渉が要るが、市町村では土木に携わる職員が
  乏しく、地元の調整が進まない。生コンクリートなどの資材不足も依然として
  深刻だ。
  引用:日本経済新聞
 
  ※ 建設業者の人手、資材不足による入札不調はこちらの記事へ

 
 用地取得の難航
  岩手県は「一定の広さの土地は複数の地権者との交渉に時間がかかる。復興事業が
  多岐にわたり、業者や資材の不足も心配」と話す。
  引用:朝日新聞(2012/7/24)

  ※ 土地取得が関係する復興事業の遅延はこちらの記事へ

 
 
 
建設促進への取組み

 
 人手不足、用地不足への対応
  復興業務が山積している被災自治体ではマンパワーが慢性的に不足。そのため
  阪神大震災で災害公営住宅建設の実績があり、都市計画や街づくりの専門家集団
  である独立行政法人、都市再生機構(UR)や民間企業も活用されています。

 
  都市再生機構との協定例
   石巻市、気仙沼市、大槌町、多賀城市、塩竈市、南三陸町、女川町、東松島市、
   陸前高田市、山田町、釜石市、大船渡市、宮古市、大槌町、新地町等、大半の
   被災自治体が復興で協力する協定を締結しています。
   ※ 詳細はこちら(UR都市機構HP)

 
   都市再生機構は災害公営住宅だけではなく、防災集団移転事業、土地区画整理
   事業でも自治体と協定を結び、土地取得、造成、住宅建設、職員派遣等で復興に
   尽力しています。

 
  民間企業のノウハウ、スピードを活用
   工事期間の短縮を狙い、釜石、石巻、東松島、大崎、仙台の各市と
   宮城県亘理町は民間企業が新築した集合住宅や一戸建て住宅を買い上げたり、
   借り上げたりする。東松島市は全体の3分の1を買い上げて復興住宅にする。
   引用:河北新報(2012/9/9)

 
   石巻市は災害公営住宅の整備で導入する「民設買い上げ方式」の制度概要を
   発表した。県が示した実施要綱に沿い、民間企業が建設した住宅と土地を
   一括で買い取る。
   引用:河北新報(2012/9/29)

 
  浸水区域に建設
   釜石市では中心市街地の東部地区に鉄筋コンクリートの高層住宅の建設計画
   を進めています。新たな防潮堤の整備後も浸水が想定されてますが、浸水区域
   外の適地には仮設住宅があることに加え、住民の希望と利便性を踏まえた結果
   です。浸水しても人的被害を抑えるよう、1階は物置や商店とし、住居は2階
   以上としています。
   参考:読売新聞(2012/7/25)

   
   大槌町が2月22日の町議会議員全員協議会で発表した、町第一弾の災害公営
   住宅の建設予定地の2ヶ所はいずれも浸水区域。町営住宅跡地ですが、
   防潮堤などが整備されると東日本大震災クラスの津波で浸水しないことを想定。
   参考:岩手日報(2012/2/23)

 
  女川町:競技場壊し用地捻出
   女川町では建設予定の復興住宅715戸のうち約200戸は、被害を免れた
   高台の町民陸上競技場を解体して整備。
   参考:毎日新聞(2012/6/10)

 
  気仙沼市:被災小学校跡地
   気仙沼市では被災し閉校した南気仙沼小学校を解体し、その跡地に鉄筋
   コンクリート5~10階の共同住宅を160戸分整備。周囲は今後整備予定の
   堤防を見越して、災害危険区域外となっています。
   参考:河北新報(2012/8/4) 

 
 
進捗状況

 
 岩手県
  2015年度(2016年3月)までに、5601戸の整備計画
  県が建設:3231戸。主に集合住宅、一部バリアフリーの部屋も有。2014年度中に完成予定
  市町村が建設:2370戸。地域特性を考慮し1戸建ても有。2015年度中に完成予定

 
  岩手県で最も入居時期が早いのは大船渡市盛町の災害公営住宅。雇用促進住宅の
  空き部屋を改修して、災害公営住宅として活用する44戸です。12月3日完成予定、
  入居は12月10日以降を予定しています。
  参考:毎日新聞(2012/10/24)

  岩手県、市町村別の災害公営住宅一覧へ

 
 
 宮城県
  2015年度までに、21市町計約1万5000戸の整備計画
  2012年9月11日時点、10市町20地区で計1777戸の事業に着手
  2012年度は今後約4200戸の事業に着手し、合計6000戸に。

 
  宮城県で最も入居時期が早いのは山元町の災害公営住宅、新山下駅周辺地区の
  50戸です。木造で工期が短く2013年3月に完成予定。早ければ2013年4月にも
  入居可能な見通しです。
  参考:河北新報(2012/10/23)

  宮城県、市町村別の災害公営住宅一覧へ
  宮城県、災害公営住宅のガイドライン

 
 
 福島県

  津波被災の自治体
   津波被災者向け災害公営住宅は相馬市、南相馬市、いわき市、新地町で計画、
   建設中です。国の災害公営住宅事業の被災地第1号は相馬市の相馬井戸端長屋。
   2012年8月8日に完成しました。

  
  原発事故で役場機能を移転した自治体
   楢葉、富岡、大熊、双葉、浪江、葛尾、飯舘村の7町村は原発事故による行政
   機能の他自治体への移転で事業推進、維持・管理が困難なため、県が建設・管理
   運営を代行する方針。5年で5000戸、年間1000戸の建設を想定しています。
   参考:福島民報(2012/10/28)

 
   仮の町構想を打ち出している自治体(富岡、大熊、双葉、浪江の4町)は、
   受入れ先の候補である福島市、二本松市、いわき市、会津若松市、郡山市、
   南相馬市と移転の期間や規模などを個別に話し合う部会を設け、2014年度
   からの災害公営住宅への移転を目指す方針を確認。
   参考:河北新報(2012/9/23)

 
 
孤独死防止と地域復興の要:コミュニティーの維持

 災害公営住宅の建設場所と入居優先枠に関しては高齢者、障害者だけでなく
 地域コミュニティも配慮することが求められています。

 阪神大震災では災害公営住宅の入居に関してコミュニティーよりも高齢者や
 障害者を優先。その結果、高齢者の孤独死が相次ぎ、今も続き大きな問題と
 なっています。

 以下は阪神大震災の災害公営住宅における孤独死に関する記事の引用です。

 
 阪神大震災の被災者らが暮らす兵庫県内の復興住宅で、独り暮らしの入居者が誰にも
 みとられずに亡くなる「孤独死」が2011年の1年間で36人に上ったことが14日、
 分かった。前年より15人減り、平均年齢は73.1歳。仮設住宅が解消された00年以降で
 最少だが、12年間の累計は717人となった。
 引用:日本経済新聞(2012/1/14)

 
 阪神大震災の被災者の災害公営住宅入居後の孤立に関する問題は、過去形ではなく
 現在進行形ということが伺えます。東日本大震災では同じ轍を踏まないよう、大勢
 の方が警鐘を鳴らしています。

 
 日本災害復興学会長、関西学院大室崎益輝教授(都市災害)
  「復興においてコミュニティーの維持は最も大切。土地がないなら、民有地を
  借り上げて土地の賃料を災害公営住宅の家賃収入で相殺したり、住宅の床面積を
  縮小するなど柔軟に対応すべきだ」と指摘する。
  引用:毎日新聞(2012/4/6)

 
 神戸大の平山洋介教授(住宅政策)
  「阪神大震災では地域性を全く考えず、被災者の中から高齢者や障害者をまず抽出し、
  その人たちで希望する住宅を抽選する形だった。その結果、両隣の住民が誰なのかを
  互いに知らない状況となり、孤独死などの問題が起きた」

  「仮設住宅ではボランティアやNPO関係者が巡回し、入居者と頻繁に顔を合わせる
  ことができるが、各部屋が鉄の扉で閉ざされた復興住宅では、お年寄りら災害弱者を
  見守り、サポートする仕組み作りが大切だ」
  引用:読売新聞(2012/7/24)

 
 被災自治体:コミュニティ維持に向けて
  
  釜石市
   市総合政策課の課長「仮設住宅入居の際の反省を踏まえ、コミュニティー再生を
   第一に、分かりやすい方法で、できるだけ希望に沿う形にしたい」と説明。
   引用:河北新報(2012/9/9)

 

サイトトップへ
解説:復興へのあゆみへ
 


This entry was posted in 震災関連の出来事. Bookmark the permalink.

6 Responses to 災害公営住宅(復興住宅)の詳細と進捗状況

  1. 匿名 says:

    >被災自治体:コミュニティ維持に向けて
      
    >  釜石市
    >   市総合政策課の課長「仮設住宅入居の際の反省を踏まえ、コミュニティー再生を
    >   第一に、分かりやすい方法で、できるだけ希望に沿う形にしたい」と説明。
    >   引用:河北新報(2012/9/9)

    ここの引用元が間違ってませんか?

    • admin says:

      引用元の間違い、ご迷惑をおかけしました。

      仰られる通り、ご指摘の箇所の引用元が
      別記事だったのでリンクを修正しておきました。

      ありがとうございました。

  2. 良識あるつもりの納税者 says:

     津波で家も境界も判らなくなっている沿岸部を除き、山間部で集落ごと崩壊したりしていない内陸部では、現在、仮設住宅・県借り上げ住宅などに入居しており、基礎支援金、加算支援金、義捐金などを合わせ単身世帯で五百万円以上、複数世帯で六百万円以上を受給できるのに自立の努力もせず費用が掛からないからと言って、仮設住宅等に残りその上、災害公営住宅に入居したいとは、個人の身勝手ではないか。
     そこまでして税金を費やして箱モノを作り今後に付けを回してよいものだろうか。
     全国内で復興予算が趣旨が拡大解釈され関係のないところまで予算が付き執行されている。同じく被災地内でも本当に今すぐ支援すべきものに予算をつけ、真に困窮している被災者を救済すべきではないだろうか。最近、会計監査院から執行後の無駄遣いが指摘されているが、それからでは遅いのである。限りある予算を有効に活用する真摯な対応が求められると考える。

  3. 母子家庭 says:

    母子家庭ですが、今は借り上げ住宅に住んでいますが、復興住宅に申し込みをしようと思いましたが、被災にあったのは貸家で大規模半壊でした。今は知らない人が住んでいて、被災した貸家はありますが、戻れません。応募の条件は被災した建物がないのが条件ですが、市営住宅は石巻はあいてないですし、借り上げも残り一年となりました。所得も低いので民間のアパートにも住めません。この一年は来年住む場所がなく不安を持ち過ごさなければなりません。母子家庭は働く時間も限られているので収入が低いのは当然の事で民間のアパートには住めません。どうしたらいいですか?

    • admin says:

      母子家庭様、はじめまして。

      住居の不安を抱えて毎日暮らすのが、どれほど辛いことか。
      心中を想像するとかける言葉も見つかりません・・・。

      復興住宅に関しては、役所で相談して入居が無理であれば、
      別の支援を探すことになると思われます。

      宮城県と石巻市のひとり親を対象としたページを
      紹介しておきますね。

      宮城県の子育て支援課のページ
      http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kosodate/

      石巻市ひとり親家庭支援ページ
      http://www.city.ishinomaki.lg.jp/d0010/d0040/d0020/d0090/index.html

      支援情報の紹介しかできませんが、少しでも
      状況がよくなることを願ってやみません。

  4. あべ says:

    早く復興住宅に入りたい仮設に居るけど最悪調子が悪いですだから何処かにうつりたい

あべ への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>